• HOME
  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
   組織 規約 沿革  

さがみはら国際交流ラウンジとは

設置の目的

外国人と共に生きる住みよい環境づくりを進めるために、相模原市が設置し、市に在住する外国人市民への情報提供の場、「外国人市民」および 「外国人市民を支援する団体」の活動の場、国際交流の場とすることを目的としています。

ラウンジの活動

外国人を支援する団体やボランティアなどで構成する「さがみはら国際交流ラウンジ運営機構」が運営しております。 ラウンジの活動には「外国人支援」「情報提供」「国際交流」の3つの柱があります。

外国人市民の支援

通訳・翻訳

学校、病院等の公共機関へボランティア通訳を派遣しています。 外国人市民のための翻訳をします。

 【相談

外国人市民のための相談活動(生活、相談など)を9言語で行っています。

 【防災

外国人市民を対象とした防災研修や防災訓練、防災施設見学ツアーなどを 行っています。また、災害発生時における通訳や翻訳などを行います。

 【教室

外国人市民のための日本語教室、子ども学習教室を開いています。



情報の提供

 【ホームページ

ホームページで、ラウンジ活動の紹介などの情報を10言語で提供
http://www.sagamihara-international.jp/

 【多言語放送

FM HOT 839(周波数:83.9MHz)で、各種生活情報やお知らせなどを9言語で放送しています。インターネットでも聴くことができます。        
http://www.fmsagami.co.jp/

 【定期刊行物

・季刊紙「ラウンジのひろば(ボラチッタ)」を9言語で発行
・月刊紙「ラウンジニュース」の発行
・「登録団体紹介誌」の発行



国際交流

 【イベント

さまざまなイベントを通して世界の国々の文化や伝統を紹介します。
・さがみはら国際交流フェスティバル
・日本語スピーチ大会「にほんごのひろば」        
・外国人市民会議         
・お茶会―外国人との交流の広場 ・その他

 【国際理解授業

学校、公民館などからの依頼により、異文化紹介の授業を行っています。

 【文化交流

ラウンジに登録している団体が文化交流・支援活動を行っています。
水墨画、紙芝居、外国語教室などの開催、外国での教育施設の設置・教育支援活動など

注記 
1)9言語:英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、 フィリピン語、タイ語、カンボジア語、ベトナム語
2)ラウンジ:「さがみはら国際交流ラウンジ運営機構」の略です。


ラウンジ内の施設

・談話室

どなたでも利用できる場所として、オープンスペースに3つの机を用意しております。ちょっとした打ち合わせや相談などに使用できます。
また、近くにある情報掲示板には、市内外の催し物の案内や、市民からの情報が掲示されています。

・会議室

50名弱が入れる広さです。ラウンジに登録されたボランティア団体は、会議室を無料で使うことができます。

・相談コーナー

仕切りで区切られた、周りを気にせずに相談できるコーナーです。

・図書

市内在住の外国人市民への日本語学習に関する図書・日本で生活するために参考になる図書・辞書・地図・国際交流に関する図書、関連団体パンフレットなどを備えています。 詳しくは、図書案内のページを参照ください。
     

・備品類
イベント用案内ボード

屋外用と屋内用の2種類があります。ルールに従ってご使用ください。

忘れ物ボード

ラウンジに入って目の前に設置されています。お心当たりの方はスタッフまでお知らせください。

おむつかえ用マット

赤ちゃん連れのお母さんも安心してお越しいただけるよう、おむつかえ用マットを用意しています。利用したい時には、スタッフまで声をかけてください。

スタッフ

一般スタッフおよび専門スタッフ(言語、コーディネート、パソコン)に分かれ、曜日および、時間帯での交代制をとっております。

  

ラウンジ入り口

図書棚付近

相談コーナー付近

スタッフ一同